NoRP image

野辺山強度偏波計



日本語 / English




強度偏波計(通称:偏波計)は、いろいろな周波数 で太陽全面から出てくる電波の強さと偏波(電波の振動方向)とを正確に測り、 太陽の活動の様子を調べています。

太陽活動が活発な時期(最近では2000年前後)には、激しい 爆発現象(太陽フレア)が、頻繁に起こります。 そのときに発生する高温・高エネルギーの電子から出る電波を 多数の周波数で計測することで、もとの爆発のメカニズムを 解明するのがこの装置の目的のひとつです。

17GHzは1978年、35GHzは1983年、80GHzは1984年 から定常観測をおこなっています。 1、2、3.75、9.4 GHzはもともと名古屋大学空電研(豊川)で 稼働していたものを1994年4月に野辺山へ移設・統合したものです。 (豊川での観測は、3.75GHzは1951年から、9.4GHzは1956年から、 1GHz・2GHzは1957年からです。また17GHz観測は、1964年以来三鷹で おこなわれていました。) 1951年からの日ごとの値は数値データとして公開しています。 生データも1、2、3.75、9.4 GHz については1987年11月から 17、35、80 GHz については1990年3月から数値データとして保存されており、 公開しています。

観測周波数 1、2、 3.75、 9.4、 17、 35、 80 GHzの7周波数
観測視野 太陽全面
空間分解能 なし(太陽全面からの電波を計測)
時間分解能 0.1秒


統合前の旧野辺山強度偏波計

参考文献

Nakajima et al. "The Radiometer and Polarimeters at 80, 35, and 17 GHz for Solar Observations at Nobeyama", PASJ, 37, 163 (1985)
渋谷・中島「太陽観測用17GHz偏波計」東京天文台報, 19, 114 (1980) [PDF]
沢ほか「太陽バースト観測用35GHz偏波計」東京天文台報, 20, 342 (1984) [PDF]
関口ほか「太陽バースト観測用80GHz偏波計」東京天文台報, 20, 327 (1984) [PDF]
Torii et al. "Full-Automatic Radiopolarimeters for Solar Patrol at Microwave Frequencies", Proc. of the Res. Inst. of Atmospherics, Nagoya Univ., 26, 129 (1979) [PDF]
Shibasaki et al. "Solar Radio Data Acquisition and Communication System (SORDACS) of Toyokawa Observatory", Proc. of the Res. Inst. of Atmospherics, Nagoya Univ., 26, 117 (1979) [PDF]
Tanaka, H. "Toyokawa Observatory", Solar Physics, 1, 2, 295 (1967) [ADS]
Tsuchiya and Nagase "Atmospheric Absorption in Microwave Solar Observation and Solar Flux Measurement at 17 Gc/s", PASJ, 17, 86 (1965)
Tanaka and Kakinuma. "EQUIPMENT FOR THE OBSERVATION OF SOLAR RADIO EMISSION AT 9400, 3750, 2000 AND 1000 Mc/s", Proc. of the Res. Inst. of Atmospherics, Nagoya Univ., 4, 60 (1957) [NAGOYA Repository]
Tanaka et al. "EQUIPMENT FOR THE OBSERVATION OF SOLAR NOISE AT 3,750 MC", Proc. of the Res. Inst. of Atmospherics, Nagoya Univ., 1, 71 (1953) [NAGOYA Repository]





ホーム